So-net無料ブログ作成
検索選択

ノル・ハシル・タノシイ その1 [オートバイ・全般]

前回までは事故で右腕を壊したのち、再びオートバイに乗るまでの顛末を書きました。
一区切りついたので、今度はライダー復帰後に話を進めましょう。


限定解除して免許問題も解決して、最初に乗ったのはコレ。
SUZU.GIF
GSX750S・カタナ。

画像が荒いねー。
1997年頃は『デジカメ10万画素スゲー!おまけに高額!』と言っていた時代で、
デジカメではなく、フイルムカメラの写真をスキャンしていました。


saiko.JPG
このカタナは82年式の初期型。悪名高き、耕運機ハンドルが付いていたモデルです。
当然、速攻でセパハンにしました。
今でも大好きなバイクで、ずっと乗りたいと思っていた車両です。

当時はリッターバイク全盛期だったので、15年落ちの古いナナハンは格安でした。
車検付き現状販売で19万8千円(笑)
セパハン化と最低限の整備費を加えても30万くらい。
不人気バンザイ。

右腕が不自由な状態で、どこまで扱えるのか分からなかったので、
高額のGSX1100Sは買えませんでした。
もっとも大型初心者には、750カタナでも十分に「怒涛の低速トルクでハイパワー」ですけどね。


よくカタナは『重い・曲がらない・止まらない』と言われますが、個人的には『そんな事ない』です。
スポーツマシンに比べたら限界性能は低いですが十分に走ります。

「フルブレーキでコーナー進入→一気に寝かせる→フル加速」 
これは無理。たぶん死にます。
「適切な速度でコーナー進入→しっかりニーグリップで寝かせる→速度落とさずに脱出」 
これは問題無し。

ハングオンの「レプリカ乗り」ではなく、「減速は最小・ニーグリップ重視」の走りならOKです。
ようは腕でハンドルをこじらずに、体重移動とニーグリップで曲がる基本的な乗り方をすれば平気。
結果的に片腕で走るには好都合の乗り方でした。


katana.JPG
カタナは2年乗って、2万キロ走りました。
暇を見つけては峠に行って、全身でバイクを操るのは楽しかったなー。
速くは走れないけど面白かった。
『もう一度オートバイに乗れて良かった』
そう心から思いました。


しかし大柄なセパハンマシンでは、上体を支えるために嫌でも腕に負担が掛かります。
ツーリングに行くと、走行距離が150kmで腕に痛みが出始め、200kmで身体の限界がきます。
無理すると車体のコントロールが出来なくなるので非常に危険。
『再度、事故で負傷したら二度とバイクに乗れない』
非常に悩みました。

「走る楽しさ」を失わないために、身体の負担が少ないバイクに乗り換える事に決意しました。
カタナ、今までお疲れ様。

次回の新しい相棒へ続きます。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。