So-net無料ブログ作成

もう一度、バイクに乗った理由 [腕神経そう麻痺]

naze1.jpg


今回は『バイクに乗る理由』についての話です。
ちょっと長いので、暇な時に読んで頂ければ幸いです。


事故で右腕を壊し、一時は機能回復は絶望的と言われていたのに、
どうして、『もう一度バイクに乗ろう!』と決めたのか?
その理由が自分でも分かりません。

『何故だろう?』

再びバイクに乗った理由がなにか?
事故から10年以上も過ぎた、今になっても時々、悩んでいます。

今でこそ「何でバイクに乗っているの?」と聞かれたら、
『全身でバイクを操って走るのが楽しいから』と、即答するでしょう。
でも、再びバイクに乗ることを決めた瞬間に何があったのか?は分かりません。

この記事自体も、昨年の11月に下書きを始めてから、
長らく未完のままだった位ですから、
今でも自分の中で『気持ちの折り合いがついていない』のでしょうね。


以前の記事にも書きましたが、
現在の私の右腕は「機能50%損失」まで回復出来ました。
でも、アクロスに乗った時点では、事故から1年も経っておらず、
『右手首の一部と中、人差、小指の3本』のみ動く状態でした。

神経移行手術は成功しましたが、神経が繋がったかの結果が出るのは遥か先。
当然、バイクどころか、自転車も乗れない状況でした。

それでもバイクに乗ろうというのは、当時を振り返っても、とても正気とは思えません。


そもそも、私がバイクに乗り始めたのは『移動手段』としてです。
「バイクに乗るのが好きだから」でも、
「走るのが楽しいから」でもありません。
単純に自転車よりも便利だから。
その程度の理由です。

それが、いつの間にか「バイクに乗る楽しさ」が、
自分の生き方の根幹になっているから不思議です。


では話を戻しましょうか。

普通なら腕に障害を持ってしまったら、
「バイクではなくクルマ」に乗えうかえようと思うでしょう。
というか、それが当たり前。
なぜ、この発想が無かったのでしょうか?
腕だけでなく、アタマも壊れていたのかも知れません、、、


事故後の入院中を振り返ると、こんな事がありました。
手術から1週間すぎて、集中治療室から一般病棟に移った後に、
出歩けるようになったので、病院の向かいにある本屋に買い物に行きました。

もちろんキズを痛めないように、すぉーーーっと歩いてです。

買ってきたのは2冊の雑誌。
1冊は軽自動車の「カプチーノ」の特集号。軽のATスポーツ車だから納得。
しかし、もう一冊は「何かのバイクの本」
たしか別冊モターサイクリストだったような、、、

手に取った理由は自分でも分かりません。

病室に戻った後の反応は、
同室の患者さん、ドクター、看護師さん、みんな揃って同じ意見。

『バイクバカは死んでも治らないねぇ』
自分でも『イカレテル』と思います。

手術後、神経が繋がる迄は右腕が固定されているので、
バイクに乗れるどころか、手術が成功したか?どこまで動かせるか?
何一つ、分からない状態でした。

それなのに『無意識にバイクに乗るんだ!』と思い続けていた。
実に不思議です。


当時の自分を振り返ると、考えの根拠はコレがあったからでしょう。

①マイケル・ドゥーハンさん
ドゥーハン.jpg
ご存知の方も多い、90年代のGPレーサー。
レース中に右足切断も危ぶまれるほどの事故にあうも、
左ハンドルにレバー式リアブレーキを装着し走り続けた、不屈のチャンピオン。

②ホンダ・フュージョンさん
フュージョン-blog.jpg
Rブレーキはフットベダル。
左ハンドルはレバー無しなので、
右ハンドルからレバー、アクセル、スイッチを左側に移設可能。


これら↑が記憶にあった事もあり、
『これなら片腕でもコントロール出切るんじゃないか?』
やれば出切る!と判断したのかもしれません。


でも、本当に片腕でバイクを完全にコントロール出来るのか?安全に走れるのか?
何一つ答えは分かりません。

その頃は、インターネットが普及し始めたばかりの時期で、
検索しても必要な情報は簡単には入手出来ません。

海外では「片足切断でもトライクに乗るライダー」がいることや、
元ライダーで「下半身不随の四輪レーサー」がいることを知りましたが、
いくら探しても、同じような「腕に障害を持つライダー」の情報は見つかりませんでした。


『じゃあ、自分で実験しよう!』


結果として、ライダー復帰が出来たから良かったものの、
転倒、事故にあえば「良くて半身不随、悪けりゃあの世行き」と、
当時の主治医からも言われていたので、
若さゆえの過ちというか、坊やだったからなのか、
無謀な挑戦をしたものです。



さて当時の振り返りはこれ位にして、
事故から18年経った、今の時点の考えも話しておきましょうか。


『やっぱり無謀な挑戦だったかな』


片腕でもバイクを走らせる事は可能です。
白バイの訓練でも「片手でジムカーナ」的な実習をしているので、
操作に慣れれば片手でも走れます。

でも『いつでも安全に走行できる』かという点には、疑問が残ります。

片腕もしくは片足で不随で操作するには、「二輪車であるオートバイ」はリスクの高い乗り物です。
私自身も事故にはならなかったものの、
濡れた路面で滑りハイザイド。
ギャップにハンドルをとられる。
急ブレーキでバランスを崩し転倒寸前。
etc、、、
このように「ヒヤリ・ハット」は日常茶飯事です。


だから、今は身体の不自由な方にバイクに乗る事を『無条件』には勧めません。

何でバイク(二輪車)に乗りたいの?
四輪車じゃ駄目?
オープン車でも嫌?
トライクという選択もあるよ。
fuoco500.jpg

相手が誰であっても、1度は全力で阻止します。

バイクは楽しい乗り物です。
でも、常に危険と隣合わせの楽しさなのです。
だからこそ、
「楽しさと危なさの諸刃の剣」なことを知っていて欲しいのです。


私ごときを説得し看破できずに、
中途半端な気持ちでバイクに乗るのは、
死神を後ろに乗せて走っているのと同じ事だと思います。


それでもバイクに乗るのを諦めず、
他者よりも「負傷・死亡のリスクが格段に高い」ことを納得し、
その上で、少しでも安全で楽しくバイクに乗りたい!という意思を示したならば、
私は、助力を惜しみません。

たとえ一人では出来ないことでも、
何人もの力を合わせれば、夢を現実に変えることは不可能ではありません。


『バイクに乗っているのはナゼ?』

貴方なら、なんと答えますか?


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 4

コメント 2

ガン

私も機能障害ほどではありませんが、ちょっとした精神疾患の影響か、コケまくって鎖骨を骨折したり、色々有りましたが、まだ、乗り続けています。
誤解をを恐れず(カッコつけてる訳では無く)バイクに乗り続けてるのはなぜ?と聞かれたら”ただの生き方の問題“と答えています。
by ガン (2014-08-24 02:46) 

NO NAME

何て言うか、その意気込みは尊敬しますが、迷惑の一言につきると思います。貴方自身が勝手に逝く分にはどうでもいいですが、周りを巻き込む可能性をもっと重大視したほうがいいです。
俺も右腕神経叢麻痺ですから大体の状態は把握できます、だからバイク運転で右に体重をかけた時の危険性が手に取るように分かります、自転車ですら右に重心を取られやすいんですから。どんなに鍛えたって抜けた神経の司る筋肉は復活しないんだから
乗り物は凶器と言いますけど、貴方の場合はその右腕と思考も人を○す凶器以外の何物でもないと言うことをお忘れなく、くれぐれも注意を払って運転してください。
by NO NAME (2014-08-24 12:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。