So-net無料ブログ作成

片腕の壊れたライダーの話 [事故]

mahi-1-1007-mini.jpg


1995年6月。
交通事故にあい、眼が覚めたら右腕が動かなかった。

脊髄からの神経引抜きで『右腕神経そう麻痺』となり、
突然、片腕が動かなくなったバイク乗りのお話です。

本題へ進む前に、ここで『私の右腕がどうなってしまったか』を書いておきます。

確かに「右腕神経そう麻痺」が原因で動かない間接や、動いても力が入らない部分が多くあります。
でも『片腕の機能全廃』ではありません。

懸命に治療して下さった病院の先生方。
長期のリハビリに付き合ってくれた介護士の皆様。
その他、大勢の方たちの助けのおかげで、
「神経引抜き」の症状としては、異例の機能回復をする事が出来ました。

詳細は後述いたしますが、2013年現在の時点で、
何年もの『機能回復手術とリハビリ』を繰り返して、
握力、筋力は最低レベル、肩の機能は喪失しましたが、
意識して動かそうとすれば『肘と親指、人差し指、それに手首の一部の間接』は動くようになり、
右腕全体では『正常時の50%までの回復』することが出来ました。

結果として、
完全な健常者でもない。
完全な障がい者でもない。
『中途半端な存在』が今の私の立ち位置です。

そんな立場の者が感じた、
事故当日→右腕がまったく動かない日々→手術とリハビリ→ライダー復帰までの日々を、
時系列に沿って書いております。
気が向いたときにでも読んで頂ければ幸いです。


大好きなバイクに乗れないのは辛いです。
でも、身体が不自由な状態でバイクに乗るのは、
健常者と比べれば格段に危険な行動です。

私は不幸にして障害を負ってしまった方に、
『バイクに乗る事を積極的にで勧める』ことはしません。
逆に、中途半端な考えでバイクに乗ろうと言うなら全力で止めさせます。

バイクに乗る事のリスク、自分の身体で何が出来るのか、そして常に死神が傍にいること。
それを理解した上でバイクに乗る事を選んだ方には、
自分の経験した事を伝えて、少しでも安全にバイクに乗れるようになって欲しいと考えます。


思うようにバイクに扱えない、バイクに乗る手段が見付からない、など、
自分一人では解けない問題や悩みを解決して、
1人でも多くの人が、少しでも安全に、再びオートバイを楽しめるようになれたら良いと思います。


過去に障がい者ライダーのHPで公開していた内容(現在閉鎖中)を、
再編集してブログにUPし直しています。

一部に大昔の画像を流用していますので、
見難い箇所もありますが、
どうか、お付き合い下さいm(._.)m
 
<一部修正・追記・2013/12/1>
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。